This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職の手続き > 辞め方別の手続きポイント > 転職や独立よる自己都合

転職や独立よる自己都合

60歳未満の人の退職例その2として、転職や独立、結婚があります。

倒産やリストラとは違い、自己都合ということになりますので
雇用保険をもらうために7日間の待機期間を過ごして
その後さらに3ヶ月の給付制限を経て、
やっと基本手当てを受給することができます。

求職の申し込みをして、最初の基本手当てを受け取るまでに、
約4ヶ月かかってしまいますので、退職後の予定に
目処を立てておかなくてはなりませんね。

基本手当の全額給付を受けるには
何ヶ月もかかりますので、手続きは早くしないといけません。
給付を全て受け終わるまでに、受給期間が終わってしまう場合があります。
よく注意してくださいね。

結婚によって退職した場合は、
苗字が変わる方は、年金手帳や健康保険の
住所や氏名の変更も忘れずに、必ず行ってくださいね。

失業給付を受けている間に結婚して、住所や苗字が変わる場合も、
振込口座の名義変更や、所轄のハローワークが変わることもあります。
その旨、窓口に申し出ましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.001