This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職の手続き > 辞め方別の手続きポイント

辞め方別の手続きポイント

仕事を辞めて退職すると決めても、定見退職、中途退職、サラリーマンから個人事業主、法人への独立、出産時の寿退社、病気で仕方無くといった場合などそれぞれの辞め方によって、手続きの仕方が変わってきます。

辞め方によっても手続きが違う

離職・退職に関する手続きに関しては、
はじめに「離職・退職手続き一覧」で表にしたとおり
60歳未満の中途退職か、60歳以上の定年退職かで、
手続きが大きく2つの流れに分かれることは、ご紹介しましたね。
基本的な流れは「離職・退職手続き一覧」で確認してください。

ただし、中途退職の手続きの中でも触れましたが、
退職の仕方によって手続きが少し変わったり、
逆に、申請しなくてはならないものが増えたりもします。

今まで会社がしてくれていたことを
自分でしなくてはならないので大変なこともありますが、
権利や給付などをキチンと受けるために大切な手続きです。

ここでは辞め方別に、ポイントを紹介していきますね。

リストラや倒産による会社都合

60歳未満の人の退職例その1として、リストラや倒産があります。

これは、もうどうしようもないですよね…(+_+)

右も左も何も決まっていないのに、
明日からの生活や家族のことなどたくさんの心配事や
不安を抱えてしまう事件ですが、
伴う手続きも大切ですので、必ず行動するようにしてくださいね。

リストラや倒産などで退職した場合でも
雇用保険から受給できる失業給付は、スグにでも受け取りたいのですが
ハローワークにどれだけ急いで行って手続きをしても、
1ヶ月はかかります。

早期に再就職が決まった場合に受けられる手当てもあります。
細かな条件にを満たさなくてはなりませんが、
ちょっとでもたくさんの給付を受けられるように、
求職の申し込みを行う際に、ハローワークの担当者に聞いておきましょう

国民年金の保険料も大きな負担になりますね。
支払いが厳しい場合は、国民年金には支払いの免許制度がありますので、
国民年金の窓口に相談しましょう。
滞納ではなく、免除になりますので、受給に必要な資格期間に含まれます。
ただし、支給額は減額して計算されます。

転職や独立よる自己都合

60歳未満の人の退職例その2として、転職や独立、結婚があります。

倒産やリストラとは違い、自己都合ということになりますので
雇用保険をもらうために7日間の待機期間を過ごして
その後さらに3ヶ月の給付制限を経て、
やっと基本手当てを受給することができます。

求職の申し込みをして、最初の基本手当てを受け取るまでに、
約4ヶ月かかってしまいますので、退職後の予定に
目処を立てておかなくてはなりませんね。

基本手当の全額給付を受けるには
何ヶ月もかかりますので、手続きは早くしないといけません。
給付を全て受け終わるまでに、受給期間が終わってしまう場合があります。
よく注意してくださいね。

結婚によって退職した場合は、
苗字が変わる方は、年金手帳や健康保険の
住所や氏名の変更も忘れずに、必ず行ってくださいね。

失業給付を受けている間に結婚して、住所や苗字が変わる場合も、
振込口座の名義変更や、所轄のハローワークが変わることもあります。
その旨、窓口に申し出ましょう。

病気や出産による自己都合

雇用保険の失業給付を受けられる期間は、基本的に1年間なのですが、
病気や出産をする場合スグに働くことが出来ないので、
この場合は、最長3年まで延長することが出来ます。

この手続きをすれば、子どもを保育園に入れてから、
怪我や病気が治ってからなど、延長した理由が解決したら
失業給付を受けることが出来ます。

私は、出産を機に退職してスグに延長手続きをしたのですが、
3人の子供を産んで育てて、一番下の子を保育園に入れてから
ふらりとハローワークに出向きました。
手ぶらだったのですが、キチンと調べてもらえて…

4年以上の月日が経っていた為、失業給付を受けられませんでした。(^^;;

どういうことかと言うと、
元の1年+延長した3年を合計した4年間、求職が出来ない状態だと、
「失業給付を受ける権利そのものがなくなる」とのことです。
よく注意してくださいね。

また、出産した場合には、健康保険に出産育児一時金の請求が出来ます。
1児につき、35万円支給されますので、大きいですよね。
私の場合、国民健康保険だったので、
出生届を出すときに、併せて手続きするよう窓口で丁寧に案内されました。
期限は出産の翌日から2年以内となっていますが
忘れないように、早めに請求するようにしてくださいね。

定年による退職

定年退職した場合、のんびりとしたイメージがありますが、
年金は、待っていては実は振り込んでもらえません。
請求しないともらえないものなので、まずは請求手続きを行いましょう。

厚生年金の手続きは社会保険事務所で行います。
一定の資格期間を満たして、1年以上加入している場合は
60歳になったら手続きを忘れずに。
年金を受け始めたら、誕生日の月に
現状届が社会保険センターから送られてきますので、
提出期限までに必ず返送します。

失業保険も、65歳未満の場合は、
4週に1度の認定日に基本手当てが支給されますが、
65歳以上の人は高年齢求職者給付金が一括支給されて
手続きが完了します。

健康保険ですが、年齢を重ねるにつれて利用する機会も多くなりますので
出来るだけ有利なものを選んで、加入するようにしてくださいね。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001