This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職の手続き > 退職手続きを確認しよう! > 定年退職(60歳以上)の手続き

定年退職(60歳以上)の手続き

定年退職の場合、年金を受け取るための手続きをしなくてはなりません。
60歳未満の中途退職より健康保険の種類も増えますね。

この他に、ここでは記載していませんが、
税務署関係の手続きで、自分で確定申告をする必要が出てきます。
税金に関することは、確定申告のカテゴリーで詳しく説明しますね。

<退職前にすること>

雇用保険 離職票の受け取り方法を確認
雇用保険被保険者証の受け取り方法を確認
健康保険次の保険をどうするか考えておく
年金 年金手帳を受け取る
厚生年金の加入歴を試算してもらう
税金住民税を納める(住民税納税通知書が届く)
確定申告に必要な源泉徴収票を会社に依頼
確定申告を行う(翌年の2月16日〜3月15日まで

<退職後にすること>

雇用保険 ハローワークで失業給付を受ける手続きを行う
1・会社から離職票1と離職票2を受け取る
2・しばらく求職活動をしない場合は、延長申請をする
3・求職の申し込みを行う
4・雇用保険受給説明会に出席する
5・4週間に1回の失業認定日にハローワークに行く
6・基本手当てが振り込まれる
健康保険 健康保険の加入方法を以下から選んで、手続きを行う
・在職中の健康保険を任意継続
・国民健康保険に加入
・家族が加入している健康保険の被扶養者になる
・国民健康保険の退職者医療制度に加入(年金証書が必要)
・特定健康保険組合の特例退職者医療制度に加入
年金 社会保険事務所に年金の請求手続きを行う
1・60最未満の扶養家族の配偶者の国民年金の種別変更届を提出
2・厚生年金を請求できる年齢になったら請求手続きを行う
3・年金証書を受け取って、年金を受け取る
税金退職金がある場合は、退職所得の受給に関する申請書を提出

cms agent template0035/0036 ver1.001