This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職の手続き > 転職のテクニック > アピール&カバートーク

アピール&カバートーク

定番質問に対して、マニュアル的な具体性のない言葉を並べていては
意味がないということは、前述したとおりです。

ただし、中途採用の場合は自分の履歴と職務経歴書を見れば
大体聞かれることは自分でも予測がつきますから
事前に考えをまとめておく余裕はありますよね。

そうそう、聞かれたくないことを聞かれるんですよね。(^v^)

聞かれたくないことというのは自分の弱点ですから、
わざわざそこに突っ込んでくれるということは、
それを直に挽回するチャンスを与えられたと解釈しましょう。

例えば、転職を繰り返している場合、何故なのか簡潔に説明し
不満を連ねたり、言い訳がましい態度を見せないことです。
ブランクがある場合も、仕事に関するスキルアップを図っていたなど
やはり、前向きな姿勢を見せることが大切です。

自分では意識していない経歴も、
見る人によっては、先入観から疑問や不信感を抱くことは考えられます。
その疑問に対しても、ただ反感を持つのではなく
真摯に受け止めた上で、自分の考えを解りやすく述べましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.001