This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職の手続き > 転職のテクニック > マニュアル的回答は白々しい

マニュアル的回答は白々しい

「面接とをすると言っても、結局、聞くことは大体同じでしょう?」

いえいえ、そうは問屋が卸さないですよ〜!

転職で聞かれることの三本柱は、
「退職理由」「志望動機」「前職の業務内容」です。
自己アピールもよく求められますね。

なぜこんなことをわざわざ聞くかと言うと
会社側と求職者の考え方や捉え方などギャップの有無、
誤解や思い違いがないか確認するためでもあります。

それぞれの働いてきた環境や職歴は違いますから
こういう質問にはこう答えろというマニュアルはありません。

逆に、止めておいたほうがいい回答集はあります。

「やりがいのある仕事だから」(やりがいは自分でみつけるもの)
「経験を生かせるから」(どのように生かせるのか?)
「やる気は負けません」(当然です、何が出来るのかわからない)
「好きなブランドなので」(好きだからでは通用しません)
「前の仕事に限界を感じて」(前の仕事のグチはNG)
「色々学びたい」(学ぶことは就業前に身につける姿勢を見せて)
「将来性に期待して」(マニュアルに載っています)

もう!ああ言えば、こう言う!と突っ込まれそうですが、
大事なのは「具体性を持たせること」ですよね。
経験があるから、好きなブランドだから、やる気があるから、
自分は何をしたいのか、できることを伝えなくてはなりません。

具体性に欠ける回答は、白々しく意味がないのです。
その上で、前向きな姿勢を見せなくてはなりませんよね。

問い合わせ以降、会社の方と始めてお話しするわけですから、
聞かれるという気持ちで臨むより、
自分からお話しをする気持ちでいるのが、自然であるといえるでしょう。

cms agent template0035/0036 ver1.001