This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職の手続き > 転職のテクニック > 求人広告の情報を正しく読む

求人広告の情報を正しく読む

仕事を探す時に、特に頼る情報といえば求人広告ですね。
求人専門雑誌や新聞の折り込み広告、
新聞や情報誌の求人欄など、あらゆる場所で求人広告を目にします。

ハローワークで見る求人票は大きくて親切ですが、
身近にある求人広告は、限られたスペースでの小さいタイプのものが
ほとんどではないでしょうか?

これらを見て、自分の条件にまず合うかどうか検討するわけですが
ここで気を抜いてはいけません。この限られたスペースに
会社に関する大切な情報がたくさん詰まっているので、
残さず、間違いなく読み取ることが肝心です。

求人広告の見本

例えば、このような小さな会社の求人情報から読み取るべきことは何でしょうか?

仕事内容は何か、応募資格、勤務場所、契約形態、給与、
勤務時間、休日、待遇や仕事内容が読み取れますが、
逆によく解らないのは、試用期間の有無、実際にはパソコン系資格の必要なのか、
実際の勤務地の確認、会社の規模がよくわかりません。
給与の交渉なども必要になりますよね。

求人広告の見本

これだけのスペースでは企業側も全てを書けませんので、略語も多いです。
たった1文字で意味が変わることもあるので、気をつけましょう。
カタカナで業種を表したほうが格好よく見えるため、カタカナの業種もよく見られます。
実際の職種とイメージが大きく違う場合がありますので、
勝手に和訳して、仕事内容を決め付けないことも大切です。

この内容から、まず自分の条件と照らし合わせて、
電話で問い合わせるべきこと、面接をして実際に話をしてみることを
細かく決めて、検討していきましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.001