This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職の手続き > 転職のテクニック > 譲れない条件はハッキリと

譲れない条件はハッキリと

漠然と、転職をしたいと思うだけでは、まず何も進みません。

自分が何をしたいのか、自分の売りは何なのか、
働く上での条件として自分の意思はどうなのかということは
明確にしておきましょう。
逆に、全ての条件を満たすのは難しいとしても
どこまでなら妥協できるかというラインをはっきりさせて、
優先順位をつけておくことが大切です。

働き方のスタイル、職種、仕事の内容、希望給与額、
就業時間帯、休日、勤務地や通勤方法、
会社の規模や従業員数、職場環境、社員への福利厚生など、
細かいところまで自分の希望はハッキリさせておくと
検討、応募するとき、問い合わせをするとき
面接のときなどに役立ちますよ。

中途採用の場合は、募集期間は短く、突発であることが特徴です。
応募できる準備は常に整えておいて、
条件に合う仕事を見つけたらスグに対応できるように
身構えておくことも忘れないでくださいね。

内気で自分の意見をハッキリ言うのが苦手なのであれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

なぜなら、専属のエージェントがあなたの代わりに希望先の企業と全ての交渉を行ってくれるからです。

どこの転職エージェンを選ぶのが良いのかは以下のページが比較一覧としてまとめてくれているので参考になりますね。
おすすめの転職エージェントと転職サイトをまとめて比較

個人的には自信があったとしても、転職エージェントを使うと最初の面談の中で自分のことを客観的なデータとして出してくれるし、転職時のアドバイスも全て行ってくれるし、何よりも精神的にも絶対にラクとはいえないしんどい転職活動をサポートしてくれるのはとてもありがたいです。

特に不安がないのであれば、転職サイトだけでも充分だと思います。求人数だけを探すのであれば圧倒的ですからね。

もちろん、転職エージェントと転職サイトの両方を同時に登録して活用するのもひとつの方法ですよ。

転職エージェントでアドバイスをもらいながら、リクナビネクストやマイナビ転職のように圧倒的な求人数の中から希望条件に見合った転職先を探すというカタチとなります。

cms agent template0035/0036 ver1.001