This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職の手続き > 転職のテクニック

転職のテクニック

転職、キャリアアップのためのテクニックを解説。求人広告の正しい使い方、就職希望先に失礼の無い連絡のつけ方、履歴書、職務経歴書の書き方、面接対策で面接官での質問とアピール方法の注意点とアドバイス

譲れない条件はハッキリと

漠然と、転職をしたいと思うだけでは、まず何も進みません。

自分が何をしたいのか、自分の売りは何なのか、
働く上での条件として自分の意思はどうなのかということは
明確にしておきましょう。
逆に、全ての条件を満たすのは難しいとしても
どこまでなら妥協できるかというラインをはっきりさせて、
優先順位をつけておくことが大切です。

働き方のスタイル、職種、仕事の内容、希望給与額、
就業時間帯、休日、勤務地や通勤方法、
会社の規模や従業員数、職場環境、社員への福利厚生など、
細かいところまで自分の希望はハッキリさせておくと
検討、応募するとき、問い合わせをするとき
面接のときなどに役立ちますよ。

中途採用の場合は、募集期間は短く、突発であることが特徴です。
応募できる準備は常に整えておいて、
条件に合う仕事を見つけたらスグに対応できるように
身構えておくことも忘れないでくださいね。

内気で自分の意見をハッキリ言うのが苦手なのであれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

なぜなら、専属のエージェントがあなたの代わりに希望先の企業と全ての交渉を行ってくれるからです。

どこの転職エージェンを選ぶのが良いのかは以下のページが比較一覧としてまとめてくれているので参考になりますね。
おすすめの転職エージェントと転職サイトをまとめて比較

個人的には自信があったとしても、転職エージェントを使うと最初の面談の中で自分のことを客観的なデータとして出してくれるし、転職時のアドバイスも全て行ってくれるし、何よりも精神的にも絶対にラクとはいえないしんどい転職活動をサポートしてくれるのはとてもありがたいです。

特に不安がないのであれば、転職サイトだけでも充分だと思います。求人数だけを探すのであれば圧倒的ですからね。

もちろん、転職エージェントと転職サイトの両方を同時に登録して活用するのもひとつの方法ですよ。

転職エージェントでアドバイスをもらいながら、リクナビネクストやマイナビ転職のように圧倒的な求人数の中から希望条件に見合った転職先を探すというカタチとなります。

求人広告の情報を正しく読む

仕事を探す時に、特に頼る情報といえば求人広告ですね。
求人専門雑誌や新聞の折り込み広告、
新聞や情報誌の求人欄など、あらゆる場所で求人広告を目にします。

ハローワークで見る求人票は大きくて親切ですが、
身近にある求人広告は、限られたスペースでの小さいタイプのものが
ほとんどではないでしょうか?

これらを見て、自分の条件にまず合うかどうか検討するわけですが
ここで気を抜いてはいけません。この限られたスペースに
会社に関する大切な情報がたくさん詰まっているので、
残さず、間違いなく読み取ることが肝心です。

求人広告の見本

例えば、このような小さな会社の求人情報から読み取るべきことは何でしょうか?

仕事内容は何か、応募資格、勤務場所、契約形態、給与、
勤務時間、休日、待遇や仕事内容が読み取れますが、
逆によく解らないのは、試用期間の有無、実際にはパソコン系資格の必要なのか、
実際の勤務地の確認、会社の規模がよくわかりません。
給与の交渉なども必要になりますよね。

求人広告の見本

これだけのスペースでは企業側も全てを書けませんので、略語も多いです。
たった1文字で意味が変わることもあるので、気をつけましょう。
カタカナで業種を表したほうが格好よく見えるため、カタカナの業種もよく見られます。
実際の職種とイメージが大きく違う場合がありますので、
勝手に和訳して、仕事内容を決め付けないことも大切です。

この内容から、まず自分の条件と照らし合わせて、
電話で問い合わせるべきこと、面接をして実際に話をしてみることを
細かく決めて、検討していきましょう。

問い合わせでふるいにかける

★まずはお気軽にお電話ください(担当:○○)
★電話連絡の上、履歴書をお持ちください(採用担当:□□)

よく見かけるフレーズですよね。

気軽に、といわれて、本当に気軽に電話してはいけないですよね。
何のために採用担当宛に電話をするのかといえば
その仕事について興味がある、問い合わせたい場合などですね。

履歴書や職務経歴書を書き上げるのも、
面接に行くことも相当な労力を必要としますから
まず問い合わせをして、その会社が本当に自分の希望に合っているのかを
確認することはとても大切です。

電話する前に用意するものとして、
・応募するきっかけとなった媒体、会社の情報
・自分の履歴や、経歴を説明できるもの(履歴書の下書きなど)
・筆記用具やカレンダーなど
・聞きたいこと、疑問などを箇条書きにしたメモ

自分の聞きたいこと、伝えたいことなど、
話すポイントをきちんと整理してから電話をするのがマナーです。
相手は仕事中に電話を取るですから、
仕事の流れを止めてしまうこと、時間の都合はどうかなどは必ず確認して
スムーズな応対ができるようにしておきましょう。

「とりあえず電話してみるだけでも…」という場合でも、
条件によっては、折り入った話しになることもありえます。
落ち着いた場所で、携帯電話なら電波が途切れることのないように。
せっかくのチャンスを逃さないようにしてくださいね。

見てもらえる履歴書を作る

新卒で入社試験を受ける場合、
学歴や資格などは重要視される部分なのですが、
中途採用、転職時に書くべき履歴書は
面接官が見るポイントは大きく変わってきます。

まず選考に使われるのは履歴書ですので、見てもらえる履歴書を書くことです。
字が汚い、適当さが否めないなど、見る人が見たら
履歴書を書いた人がどういった人間なのかは一目瞭然です。
使いまわしはもってのほかですよ。

下手な字でも、表現がうまく出来なくても、
一生懸命さや、会社に対する気持ちを込めて記入することが大切です。

また学歴の羅列、資格の羅列よりも、
どのようなキャリアを積んできたのかをコンパクトにまとめて、
詳細を職務経歴書で確認したくなるような書き方をするのがコツです。

履歴書はほとんどがB4サイズで、応募する人は同じ条件です。
この狭いスペースでいかに自分を表現して、アピールできるか勝負です。
履歴書の見本を見ているだけでは、埋もれてしまいますよ。

職務経歴書はアピールチャンス

履歴書に添えて出す職務履歴書は、
自分がどのような職業に関わってきたかを事細かに記入します。

決まった書式はなく、自分で自分のアピールポイントを見つけ、
それを解りやすいように記述するだけなのですが、

が、…それが一番難しいんですよね。(^^;;

書く前に覚えておきたいことは、
採用担当者が職務履歴書を見るのは「ほんの数秒」だということです。
たくさんの応募書類を見るのですから、
初期段階の選考で隅々まで読んでもらえないものと捉えてください。

もうひとつ大切なのは、ダラダラと長い自分史ではなく、
志望する企業に併せて、自分の経歴でアピールできることを
大きく目立つようにすることです。

ですから、余計に創意工夫をして、
アピールしたいことが担当者の目に入るように作るのが基本です。

例えば、以下の職務履歴書、これだけで、
この方が勤めていた5年間の経歴を読み取ることができるでしょうか?

職務経歴書の見本

言い方は悪いですが、出せと言われたから出しただけの書類ですよね。
書くことが少ない場合は、工夫をして内容を増やし、
せめてA4用紙1枚は埋めるようにします。

職務経歴書の見本

同じ内容でも、少しは見栄えがするようになったでしょうか?(^v^)

この職務履歴書は、IT関連企業の開発向けですが、
例えば、顧客へのサポート、新人への教育を担当したこと、
ユーザーの立場に立てる資格を取って生かしている部分をクローズアップすれば
プレゼンテーションのできる営業や、オペレーター向けですし、
一線を退いてからも、現在も学ぶ姿を強調すれば、
webクリエイターや、事務職向けの職務履歴書を作ることができますね。

ウソはいけませんが、なんとでもなります!

職歴のまとめ方も仕事のスタイルによって使いやすい形で構いません。
「時系列」「キャリア・プロジェクト別」
この他には「完全フリースタイル式」と、形式や書き方は全くの自由です。
フォーマットをダウンロードできるサイトもありますが、
やはりこれは個々のセンスが問われます。
一番アピールしやすい形を選ぶようにしましょう。

面接をクリアするポイント

人間、見た目じゃないといいますが、
やっぱり、まず大切なのは見た目ですよね。

面接のときの服装は、面接を受ける会社の考え方によって違います。
ラフなスタイルを好む企業があれば、
自社ブランドで固めるのが当然の企業もあります。

面接に適した服装を決めるのは自分ではありません。
企業や、面接担当者が、衣装を評価することを念頭に置いて下さいね。

中途採用の面接は、新卒で就職活動をしている人が
真新しいスーツ姿で、面接時のマナーや受け答えを確認して
緊張するレベルとは、次元が全く違います。
社会人のマナーをすでに備えていることは常識ですので
ちょっとしたミスも、笑っては済まされません。
失笑を買うだけになりますよね。

キャリアに応じた落ち着いた身のこなし、応答を心がけましょう。
多少、意地悪な質問にもうまく対応したいところですね。
自分を売る場と考えて、何が出来るのかということを、
解りやすくお話してくださいね。

よくある失敗談ですが、喋りすぎにも注意ですよ。
緊張すると、余計ことまで喋りすぎますよね。
緊張しているのは、面接を受ける側だけで、面接官は冷静ですから気をつけて。
聞かれていることをを即時に分析して、
何を聞きたいのか、どのような答えを導きたいのだろうか、
打ちっぱなしではなく、面接官とキャッチボールを心がけてくださいね。

面接でどう話せばよいのか不安がある場合は転職エージェントへ登録するのもひとつの方法です。転職エージェントについては以下のページが具体的に書いてあるので参考になりますね。
転職エージェントおすすめ活用ガイド

マニュアル的回答は白々しい

「面接とをすると言っても、結局、聞くことは大体同じでしょう?」

いえいえ、そうは問屋が卸さないですよ〜!

転職で聞かれることの三本柱は、
「退職理由」「志望動機」「前職の業務内容」です。
自己アピールもよく求められますね。

なぜこんなことをわざわざ聞くかと言うと
会社側と求職者の考え方や捉え方などギャップの有無、
誤解や思い違いがないか確認するためでもあります。

それぞれの働いてきた環境や職歴は違いますから
こういう質問にはこう答えろというマニュアルはありません。

逆に、止めておいたほうがいい回答集はあります。

「やりがいのある仕事だから」(やりがいは自分でみつけるもの)
「経験を生かせるから」(どのように生かせるのか?)
「やる気は負けません」(当然です、何が出来るのかわからない)
「好きなブランドなので」(好きだからでは通用しません)
「前の仕事に限界を感じて」(前の仕事のグチはNG)
「色々学びたい」(学ぶことは就業前に身につける姿勢を見せて)
「将来性に期待して」(マニュアルに載っています)

もう!ああ言えば、こう言う!と突っ込まれそうですが、
大事なのは「具体性を持たせること」ですよね。
経験があるから、好きなブランドだから、やる気があるから、
自分は何をしたいのか、できることを伝えなくてはなりません。

具体性に欠ける回答は、白々しく意味がないのです。
その上で、前向きな姿勢を見せなくてはなりませんよね。

問い合わせ以降、会社の方と始めてお話しするわけですから、
聞かれるという気持ちで臨むより、
自分からお話しをする気持ちでいるのが、自然であるといえるでしょう。

アピール&カバートーク

定番質問に対して、マニュアル的な具体性のない言葉を並べていては
意味がないということは、前述したとおりです。

ただし、中途採用の場合は自分の履歴と職務経歴書を見れば
大体聞かれることは自分でも予測がつきますから
事前に考えをまとめておく余裕はありますよね。

そうそう、聞かれたくないことを聞かれるんですよね。(^v^)

聞かれたくないことというのは自分の弱点ですから、
わざわざそこに突っ込んでくれるということは、
それを直に挽回するチャンスを与えられたと解釈しましょう。

例えば、転職を繰り返している場合、何故なのか簡潔に説明し
不満を連ねたり、言い訳がましい態度を見せないことです。
ブランクがある場合も、仕事に関するスキルアップを図っていたなど
やはり、前向きな姿勢を見せることが大切です。

自分では意識していない経歴も、
見る人によっては、先入観から疑問や不信感を抱くことは考えられます。
その疑問に対しても、ただ反感を持つのではなく
真摯に受け止めた上で、自分の考えを解りやすく述べましょう。

聞きにくい質問の切り出し方

「肝心の 聞きたいことほど 聞きにくい」

五・七・五のとてもキレイな標語が出来ましたね。(^^;;

希望の会社へ応募して、さて面接となったときに
ズバリ給料のこと、休みのこと、経営のこと、勤務地のことなどは、
本当は聞きたいのだけど、なかなか難しい部分がありますね。

あまり直球を投げすぎて、敬遠されてしまっても困りますし
変化球過ぎて、見過ごされてしまうこともあります。

しかし、聞きたいことは聞かなくてはなりません。
ポイントは、聞き方と切り出すタイミングを間違わないことです。
最初から質問攻めにするのではなく、
担当者から一通り就労条件などの説明を受けた上で、
説明に関連付けて、自然な流れで質問は切り出せばスムーズです。

給与に関して、昇給のタイミングやアップ額を見込めるかなど
目標も持つ上で知りたいのは山々ですが、
働いていなければ「努力、実力次第ですね」と言われて、おしまいです。
逆に「今からスタートをして、このくらいの金額を目標とする場合
先輩方の例として、どのくらいの経験や資格を身につければ
達成できるのでしょうか?」と仕事に対する自分の学ぶ姿勢を見せ、
聞きたいことを具体的に提示するようにしましょう。

休暇についても聞きたいところですが、
働く前から休みのことを聞くのは、リスクが高いです。
「休みは規定どおりに取れますか?」とストレートに聞くより
「仕事にも精一杯努めますが、家族と過ごす時間も大切にしたいので、
お休みについて詳しく伺えますか?」と切り出すなど
どうして聞くのかということをきちんと説明するのがベターです。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001