This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職の手続き > 退職のテクニック > 辞めると次を探すはどっちが先?

辞めると次を探すはどっちが先?

転職をする時に考えるのは、仕事をしながら次の仕事を探す方法と、
辞めてから仕事を探す方法と2つの方法が考えられます。

先に辞めからという場合は、仕事をやめて無収入の時期が出来ても、
生活に困らないことが、まず条件となります。

その他に、仕事をしながらの求人には無理がある場合
応募したい求人がたくさんある、
資格や技能を取ってから求職したいなどの理由も挙げられます。
健康状態が良くない場合や、精神的に疲れているとき、
しばらくリフレッシュしたい場合なども、
先に辞めるという手段を選ぶ方は多くいますね。

求職活動に専念できるのも、先に辞めた場合の強みとなりますし、
辞める会社、就職する会社の間で、予定を併せて行動するなど
時間的な制約も少なくなり、よりアクティブな求職活動ができます。

これらの条件に当てはまらない場合、
仕事をしながらの求職活動する方法を選ぶしかありません。

住宅ローンを抱えている、扶養家族がいる場合は、収入の問題、
寮や社宅に住んでいる場合や、仕事の引継ぎの関係などで
在職したまま求職をせざるをえない場合も多々あります。

両立する場合は、スケジュールの管理と気力・体力勝負です。
ダラダラとあいまいに行動せず、
1つ1つの作業を、てきぱきと進めるようにしましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.001