This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職後のお金の活用法 > 退職したら確定申告は自分で > 退職金の税金のしくみ

退職金の税金のしくみ

退職金にも税金がかかるのですが、
どのように、どの程度かかってくるのかは気になりますし、
知っておくべきことですよね。

退職金や、退職一時金は、退職所得と呼ばれます。
退職金にもしっかり税金はかかるのですが、
一般の給与やボーナスにかかる税率よりも軽くなっていますので、
別々に所得税の計算して、退職金分の所得税は
低めに抑えるしくみになっています。

また退職金全額に所得税がかかるわけでなく、
勤務年数に応じて「退職所得控除」が受けられます。

勤務年数退職所得控除額
20年以下40万円×勤続年数(最低80万円)
21年以上800万円+70万円×
(勤続年数−20年)

上の表から算出した控除額を引いて、さらに半分にした金額が、
所得税の計算の元となる退職所得になります。

結構、引いてくれるんですよ〜(^v^)
(競馬や宝くじの一時所得より、ずっと差し引いてもらえます)

とはいえ…この手続きですが、
実は、退職金を受け取る前に会社がしてくれていることが多いもの。
差し引かれた額を受け取っているというわけですね。

退職金もらうときに「退職所得の受給に関する申告書」を
提出しているならば、会社が手続きをして、控除済みです。(^v^)

「そんな用紙は記憶にない…!」方は
20%もの税率で、所得税が源泉徴収されています…!(+_+);;
確定申告をしたら再計算され、お金が戻ってくる可能性が高いので、
必ず取り返してくださいね。

cms agent template0035/0036 ver1.001