This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職後のお金の活用法 > 退職したら確定申告は自分で > 確定申告を自分でやる理由

確定申告を自分でやる理由

確定申告とは、所得税を納めるために税務署に行う手続きです。

毎年2月ごろ、テレビでも、青色やら白色やら賑やかになりますよね。
会社勤めをしていたら、自分には関係ないような気がします。
だって、実際に自分で手続きをすることなんて
全くなかったのですからね。

そう、手続きをすることが関係ないだけで、
会社が全て確定申告をしてくれていたのです。
その証拠といえるものが、ペラっと渡される源泉徴収表と
年末調整でお給料にいくらか上乗せされたお金。

サラリーマンは、毎月、決まった額の所得税を
お給料から天引きされているのですが、
払いすぎていることが多いため、
確定申告でいくらか戻ってきていたわけですね。

退職したら受け取る退職金、年金には
給与と同じように容赦なく所得税がかかります。
(基本手当や再就職手当などは非課税です)

と言うことは、退職したら…?
そうです、この手続きを自分で行わなくてはなりませんね。

確定申告の説明や、本は用語が難しくて解りにくいのですが、
理解してしまえばそんなに難しいことではありません。
確定申告の時期に現れる強い見方、
無料の税務士相談を利用して、上手に確定申告しましょうね。

cms agent template0035/0036 ver1.001