This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職後のお金の活用法 > 年金で老後と万一に備えよう > 失業保険と年金、どっちが得?

失業保険と年金、どっちが得?

退職したら失業保険、厚生年金は60歳からもらえるし、
生活費は大丈夫だろうというのは、
チョット昔のハナシになってしまいました。

併給できたこともあったんですね。
厚生年金の受給開始年も徐々に65歳まで引き上げられていますので、
どっちが得なのかは、もちろん考えます。

ズバリ、これも金額で検討するしかありません。

雇用継続制度使って60歳以降も働いた場合、
年金と基本手当の受給資格がありますから、
どちらか選択しなくてはなりません。

60歳以降勤めた場合、賃金が大幅に下がったのであれば、
失業給付の基本手当も大幅に下がります。
(退職日前の6ヶ月間の賃金をベースに算出されるため。)

年金は、60歳以降から受け取れた比例報酬部分に加えて
配偶者の加給年金が加算される場合もあります。
60歳以降の加入期間がプラスされ、年金額が多くなることも。

特例も色々ありまして…人それぞれ、
働いてきた環境や生まれ年月によって金額が違うので、
コレがオススメといえないのが現状です。

ただ、基本手当には受け取れる上限がありますし、
受給可能な給付日数も大きく関わりますよね。
失業手当の受け取れる額を計算して、
年金がコレを上回るかどうか、選択する時の大きなポイントです。

失業給付の基本手当については、ハローワーク、
年金は社会保険事務所や国民年金の窓口に
具体的な金額を算出してもらうのが一番ですね。

cms agent template0035/0036 ver1.001