This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職後のお金の活用法 > 年金で老後と万一に備えよう > 裁定請求書に必要なモノ

裁定請求書に必要なモノ

年金をもらうために必要な「裁定請求書」

これを書くためには、結構なパワーを要します。
年金をもらうためとはいえ、正直、面倒くさいかも…(^^;;

最近では、年金受給資格を得る3ヶ月前に
裁定請求書が届くので、それを使ってくださいね。

記入するときに、夫婦の年金手帳と、
基礎年金番号通知書などはキチンと揃えて置いてくださいね。

「裁定請求書」は5ページあって、
それぞれ黒のボールペンで記入していくのですが、
年金を受け取るために色々添付書類もあるので、
抜けのないように、ご紹介しておきますね。

以下老齢厚生年金の裁定請求に必要となる書類ですが、
それぞれの状況により違いますので、参考にしてください。

<必要なもの>
□老齢給付裁定請求書
□年金手帳または厚生年金被保険者証
□基礎年金番号通知書
□預金通帳
□印鑑
□戸籍謄本
□住民票(世帯全員)
□配偶者の非課税証明書(または課税証明書)
□雇用保険被保険者証

<場合によりいるもの>
□年金証書
□年金加入期間確認請求書
□年金加入期間確認通知書
□雇用保険受給被保険者証
□高年齢雇用継続給付支給決定書
□厚生年金保険老齢厚生年金受給権者支給停止事由該当届

国民年金だけの人は、住所地の国民年金窓口
共済年金だけの人は、加入していた共済組合
その他、全て社会保険事務所が問い合わせの窓口となりますので
解らないことがあれば、問い合わせるようにしてください。

cms agent template0035/0036 ver1.001