This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職後のお金の活用法 > 退職後の健康保険は賢く入る > 介護保険とは?

介護保険とは?

介護保険とは、40歳以上の人全員が保険の加入者となって
保険料を負担する保険です。
将来、介護が必要と認定されたら、費用の一部(原則10%)を支払って
介護サービスを利用できる制度です。

介護が必要な高齢者が増えれば、
その分一人一人の負担は大きくなってしまうのですが、
現在のところ保険料の月額は、全国平均で4,100円前後です。

介護保険料の保険料は、所得に応じた定額保険制で、
原則として6段階に分類されています。(市区町村は独自に設定)

徴収については、老齢年金からの天引きか、
国民健康保険の場合は保険料に上乗せ徴収されます。
老齢・退職年金が年額18万円未満、
もしくは年額18万円以上ある方でも毎年4月1日の時点で
65歳になっていない場合は、市区町村が発行する納付書で納付するか、
口座振替で収めることになっています。

cms agent template0035/0036 ver1.001