This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職後のお金の活用法 > 退職後の健康保険は賢く入る > 高額医療費は取り戻そう

高額医療費は取り戻そう

どうしても必要だけど、結構痛いのが、医療費ですよね〜。

お財布と相談して、歯が痛いけど我慢したり、
ちょっと風邪を引いても「様子を見よう」なんてこと、しませんか?

医療費がたくさん家計にかかると、辛いですよね。
そんな時には、高額医療費として還付が受けられる制度があります。

1)被保険者本人、被扶養者が、
  1ヶ月にひとつの医療機関で、自己負担額が一定額を超えた場合
2)同一世帯で1ヶ月に21,000円以上の自己負担が複数あるときは
  世帯で合算して、自己負担限度額を超えたとき
  ※血友病や、人工透析の高額・長期療養の場合は10,000円

自己負担の限度額は以下の表の通りです。

高額医療費は取り戻そう

医療費の計算をするときには、入院と通院は別々に考えます。
また総合病院などはそれぞれの科で1つの医療機関をみなすので、
同じ病院でも、耳鼻科と内科など、別の科を合算することはできません。
融通が利かないなぁと…(もごもご)

差額ベット代なども健康保険の対象にならないので、
高額医療費の対象にはなりません。

2年で時効になりますので、請求はすみやかに。
自分の保険を管掌する窓口に申し出て、手続きをましょう。
(社会保険事務所、健康保険組合、市区町村の国民保険窓口)

cms agent template0035/0036 ver1.001