This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職後のお金の活用法 > 退職後の健康保険は賢く入る > 健康保険の被扶養者になる

健康保険の被扶養者になる

健康保険には入りつつ、保険料の自己負担をなくす方法として、
被扶養者になる道があります。

解りやすく言うと、

「専業主婦(夫)として会社員の夫(妻)の被扶養者になる」
「親に養ってもらう」

解りやすいですね、そのまんまですね。(^^)

このような場合、年収が130万円以下の場合なら
保険料の自己負担はなく、
被扶養者として被保険者の保険を利用することができます。
(60歳以上、障害年金受給者は180万円)

ただし、同居しているか、別居しているかで
被扶養者と認められるかどうかの基準が変わってきます。

また、扶養家族として認められるのは
3親等以内の親族と決まっています。
自分の叔父、叔母、甥、姪の配偶者までが3親等以内です。
扶養者と同居していれば、生計を維持していると認められます。

手続きは、被扶養者になる人が退職してから5日以内に
扶養者(被保険者)の事業主を通して手続きを行います。

cms agent template0035/0036 ver1.001