This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職後のお金の活用法 > 退職後の健康保険は賢く入る > 国民健康保険は給付に注目

国民健康保険は給付に注目

市区町村が保険者となる国民健康保険。
会社を辞めたとき、会社の保険制度がない場合など
お世話になる健康保険ですね。

今まで給与から天引きされていた上、
半額は会社が負担してくれていた会社の健康保険に比べ、
全額負担で、1年間の保険料を目の当たりにする
国民健康保険の保険料を初めて見ると、
ビックリしてしまうこともあります。

収入にもよりますが、結構な金額を払っているんですよね〜。

60歳未満の人が退職した場合、健康保険をどうするかは、
ほとんどが保険料を見比べて選ぶのですが、
もうひとつ注目して欲しいポイントは、
任意継続と、国民健康保険に加入した場合の、給付の違いです。

傷病手当金、出産手当金は、国民健康保険にはありません。
改正で、出産手当金は任意継続でも対象外になってしまったのですが
傷病手当金は条件を満たせば受給できます。

加入の手続きは、退職した日から14日以内に、
住所地の国民健康保険窓口で手続きを行います。
加入の手続きが遅れた場合、
ケガや病気で病院にかかったら、全額負担になるのですが、
加入してから払い戻しの手続きを取ることで7割が返還されますよ。

cms agent template0035/0036 ver1.001