This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職後のお金の活用法 > 退職後の健康保険は賢く入る > 退職後の選択肢は5つ

退職後の選択肢は5つ

退職したら必要な手続きは、雇用保険だけではありませんよね。

会社等で健康保険に加入していた場合、
退職するときに、その健康保険をどうするのか
決めなくてはなりません。

退職したときの健康保険の選択肢ですが、
年齢や条件など制限はありますが大きく5種類存在します。

1)健康保険の任意継続保険者になる。
2)国民健康保険に加入する。
3)家族が加入している健康保険の被扶養者になる。
4)国民健康保険の退職者医療制度を利用する。
5)特定健康保険組合の特例退職者医療制度を利用する。

60歳未満の人が選べる選択肢は1)、2)、3)です。
老齢厚生年金の受給資格がある場合は、1)か4)を選択できますし
5)は加入している健康保険が独自に運営している制度です。

退職する前に、退職したら自分はどの健康保険に入るのか
検討しておかなくてはなりません。
加入条件があるので、自由には選べませんが、
条件に合うもので、それぞれの保険料を比較して決めましょう。

健康保険は、任意継続の場合など、
退職日から20日で手続きが出来くなる制限がありますので
退職前から目処を立てておくことは大切です。

「次に再就職したら、またその会社のに入るから」って
求職期間を、保険に加入しないまま過ごすわけにはいかないですよね。
万一のケガや病気に備えて、
健康保険の手続き変更も忘れずにしてくださいね。

cms agent template0035/0036 ver1.001