This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職後のお金の活用法 > 65歳まで働ける制度 > 再雇用時にチェックすること

再雇用時にチェックすること

継続雇用制度で「勤務延長」の場合は、
そのままの勤務形態で特に変更はないのですが、
60歳からの「再雇用」となると、会社と新たに雇用契約を
結びなおすことになりますので、
どのような契約を行うのか、確認ポイントがいくつかあります。

【厚生年金に引き続き加入するのか?】

厚生年金に加入して働くと、60歳以降の老齢厚生年金は
「在職老齢年金」の適用を受けます。
年金の受給年齢を迎えた人が、厚生年金の保険料を負担しつつ
受け取る年金額は給与と年金額に応じて減額され、
給与額によっては全額支給が止まる場合もあります。
60歳以降にかけた厚生年金は、
退職後に本人の加入期間に加算されて、年金額も再計算されます。

【給料は60歳前に比べてどうなるのか?】

60歳以後の給与額が、
60歳になったときの給与額の75%未満の場合、
高年齢雇用継続給付を受けることが出来ます。
給与が下がった月は、低下後の給与の最大15%が
雇用保険から支払われるのですが、
引き続き雇用保険に加入して、
雇用保険の被保険者期間が5年以上あることが必要です。

cms agent template0035/0036 ver1.001