This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職後のお金の活用法 > 65歳まで働ける制度 > 再雇用か、勤務延長か?

再雇用か、勤務延長か?

65歳までの継続雇用制度には、
一度退職の手続きをしてから、有期労働勤務で再雇用する「再雇用制度」と
退職せずに引き続き雇用をする「勤務延長制度」があります。

この制度の導入が義務付けられたのですが、
ほとんどの企業では60歳の定年制度は残しつつ、
契約社員や嘱託社員として雇用を続けるという方法が主流ですね。

その中でも「勤務延長」より「再雇用」が多いというデータがあります。
いったん退職することで、気持ちに区切りをつけ、
同じ役職に居座ることのないスムーズな人事を行うことも可能です。
また会社にとってよりよい知識や技術を持った人と、
改めて再契約することで、待遇などの見直しが出来る点なども、
多くの企業に選ばれている理由です。

cms agent template0035/0036 ver1.001