This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 退職後のお金の活用法 > 65歳まで働ける制度 > 65歳まで働く義務がある?

65歳まで働く義務がある?

継続雇用制度により、労働者が少なくとも
年金支給開始年齢まで働くことができるシステムの構築が
急ピッチで進められています。

急に65歳まで働ける環境を企業に義務付けるのではなく、
段階的に年齢が引き上げられて、
2013年度には65歳が定年年齢となるように、
徐々に定年年齢は引き上げられていきます。

かといって、65歳まで働く義務が、突如働く側に降りかかるわけではありません。
継続雇用制度では、希望した社員全員を
雇用することが原則とされていますので
従来の定年退職年齢に達したときの、本人の意向次第です。

逆に65歳まで働くことを希望しても
会社の労使協定により、継続雇用制度の対象外になることもあります。

この場合、雇用保険の失業給付にについて
「到底受給資格者」にあてはまる可能性も出てきますので
ハローワークに相談するようにしてくださいね。

cms agent template0035/0036 ver1.001