This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 社会保険と雇用保険 > 雇用保険をしっかり受け取る > 高年齢雇用継続給付

高年齢雇用継続給付

実は、雇用保険は失業状態にある人だけが
給付を受けられる保険ではありません。

働きながらでも受けられる給付があるんですよね。(^v^)
例えば、教育訓練給付金などがそうなのですが、
ここで取り上げるのは60歳以上65歳未満の人が対象とした制度で、
「高年齢雇用継続給付」といいます。

高年齢雇用継続給付には、
「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職手当金」、
この2種類があります。

いずれも、5年以上雇用保険の被保険者で、
60歳以降も雇用保険の被保険者として働く場合に、
65歳になる月まで給付金がもらえます。
給付金が支給されるケースは、
60歳の時点より、給料が75%以上減った場合です。

この場合に、減った分の穴埋めとして支給されるのが
「高年齢雇用継続基本給付金」となります。
穴埋めですから、賃金と支給額の合計が
339,484円(※毎年8月1日に見直されます)を超える場合は、
高年齢雇用継続基本給付金の金額が調整されます。
賃金だけで339,484円を超える場合は、支給されません。

一方「高年齢再就職手当金」は、
100日以上の支給日数を残して安定した職についた人に支給されます。
再就職手当と併せて受け取ることはできません。

これらの手続きは、会社管轄のハローワークで申請しますが
通常は会社がこの手続きをしてくれます。

cms agent template0035/0036 ver1.001