This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 社会保険と雇用保険 > 雇用保険をしっかり受け取る > 失業給付需給中のアルバイト

失業給付需給中のアルバイト

失業給付をもらっている間は働いてはいけない!

そんなイメージがありますよね。(^v^)
でも、そんなこと、どこにも書いてありませんよ。

実は、アルバイトをしても大丈夫なんです。

だからと言って、週に5日ぐらいフルタイムでバリバリ働くのは
失業状態でないと判断が下されますよ。
目安としていわれているのは、
週に2〜3日程度、週20時間程度、失業認定期間で14日以内です。
それぞれのハローワークで基準が違いますので
確認するようにしてくださいね。

そして、アルバイトをする上で大切なのは「申告すること」

基本手当をもらうために、失業認定日にハローワークに出向くのですが、
その際、失業認定報告書のカレンダー部分に
アルバイトをした日に○、内職や手伝いをした日に×をつけます。
アルバイトをした日は、条件により就業手当ても支給されます。
内職や手伝いは、収入のあるなしに関係がありませんので、
引越しの手伝い、庭木の手入れ、選挙の手伝いなども
もちろん申告対象です。忘れないように。

アルバイトでお給料をもらった日は、失業状態ではありませんので
その日の基本手当はもらえなくなります。
なくなるのではなく、繰り越されるだけなので安心してくださいね。

これを忘れると、もれなく「不正受給」が
待っていますので、必ず申告だけはしてくださいね。

きついペナルティに「3倍返し」の罰金…!!
くれぐれも気をつけて。

cms agent template0035/0036 ver1.001