This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 社会保険と雇用保険 > 雇用保険をしっかり受け取る > 失業給付期間中のケガをした

失業給付期間中のケガをした

失業給付を受ける条件として、
働く意思と働ける体、状態であることとありましたよね。
失業給付の受給資格を得てから、
病気やケガをしてしまった場合はどうなるのでしょうか?

まず、ケガや病気が14日以内に治るものであれば、
失業認定を受けることが出来ます。
認定日変更の記事でも紹介しましたが、認定日に行けない場合は
認定日の変更も可能ですので、申し出るようにしてくださいね。

問題は15日以上に及ぶ、ケガや病気の場合です。
この場合、基本手当を受けることができません。
その代わり、傷病手当を受けることが出来ますので安心してください。

実は、傷病手当と名前は変わりますが、金額は基本手当と同じです。
傷病手当をもらった日数は、給付日数から同じように差し引かれます。
待機期間中や給付制限期間中は支給されないのも
基本手当と同じです。

療養に30日以上かかるようであれば、
給付日数と受給期間の残りと相談をして、そのまま傷病手当を受け取るか、
受給期間を延長するか、選択することになります。

また、健康保険の「傷病手当金」や、
労災補償の「休業補償給付」を受け取っているなどの場合、
傷病手当との2重取りはできませんので、ご了承くださいね。

cms agent template0035/0036 ver1.001