This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 社会保険と雇用保険 > 雇用保険をしっかり受け取る > 失業認定日は変更できる

失業認定日は変更できる

失業給付を受け取るためには、ぼーっと家にいてはいけません。

失業認定日と言って、ハローワークから指定された日に出向いて
失業状態である認定を受ける必要があります。

これをして、やっと失業給付が振り込まれると仕組みです。

失業認定日にハローワークに行かなかった場合、
どうなるかと言うと、その期間の失業給付金を受け取れなくなります。
この期間の基本手当ては消えてしまうわけではなく、
持ち越されるだけなのですが、行かなかっただけで、
その期間は無給になってしまいますので、注意が必要ですよね。

もし認定日に行かなかったことに気が付いたら、
早めにハローワークに申し出てくださいね。
そのまま次の認定日に行っても、失業給付は受けられませんから!

とはいえ、どうしても、やむを得ない事情が出来てしまった場合…!

その場合は、失業認定日の変更が出来るので、
認定日の前日までにハローワークにその旨を連絡してください。

個人的な理由や約束、旅行とかはダメですよ〜!

やむを得ない場合の例を挙げておきますね。
認定日変更には、証明する書類の提出が必要ですので、
「雇用保険のしおり」にも一部添付されているので、使うと良いでしょう。

1)就職をした場合
2)就職のための面接試験や採用試験
3)就職に必要な資格試験の検定日に当たった場合
4)14日以内の病気やケガの場合
5)両親、親族の危篤、死亡
6)本人や親族の結婚

ただし、2)や 4)に加え、天災や事故の場合など
予測できない事態に関しては、事前連絡がなくても大丈夫なケースもあります。
この他にも色々なケースが考えられるので、
行けなくなる前に、必ずハローワークに問い合わせましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.001