This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 社会保険と雇用保険 > 雇用保険の?を解決Q&A > 退職後の留学、給付はどうなる?

退職後の留学、給付はどうなる?

退職後に留学をして、語学力を身につけたい。
ステキな夢ですよね〜!

さて留学したら、失業給付はもらえるのでしょうか?

そうですよね、
年金は海外に住んでいてももらえますものね…!

これは、答えから言うと、残念ながらもらえません。

失業給付を受ける権利があるのは、退職して、働ける状態にあること。
労働の意思と能力があっても、職に就けない人だけがもらえるものですので、
学業や、家事に従事している、育児で手が離せない
このような状態だと、受給資格は得られません。

留学を1年以内に終えた場合、受給期間内であれば
求職の手続きをすることで受給対象となりますが、
基本手当の額の計算など色々と改めて算出することになりますので、
ハローワークで相談してくださいね。

出産の場合やケガの場合は受給期間の延長が出来るのですが
留学や、家事に従事する場合は延長できません。

逆に、出来たら都合が良すぎますよね…(^^;;

認定日さえいければ、自由の身。
その間海外に行ってても大丈夫…なんて考えないでくださいね。
求職活動をしていないのに、失業給付を受けると、不正受給です。

かなり痛い目を見ますので、絶対に止めましょうね…。

留学もいいですが、退職後に入学できる職業訓練校だったら、
しっかりと失業給付を受けながら、学ぶことが出来ますよ。
外国語コースも、もちろんあります。

cms agent template0035/0036 ver1.001