This page:退職Q&A〜失業保険、雇用保険の手続き〜 TOP > 社会保険と雇用保険 > 雇用保険の?を解決Q&A > 就業手当はもらうとソン?

就業手当はもらうとソン?

平成15年5月から、ちょっと厄介な 就業手当という制度が誕生しました。

失業給付受給中のアルバイトをする人に関係のある制度なのですが、
「一定の条件を満たすことで、アルバイトをした日も基本手当をもらえる」

ということで…、一見「嬉しい制度じゃない?!」と思いますが、
ちょっと待って。ちゃんと読んで…。

就業手当の日額=基本手当の日額×30%
(上限は、60歳未満で1,774円、60歳以上65歳未満で1,431円です。)
ですので、就業手当の支給額は、就業手当の日額×働いた日数となります。

基本手当が5,000円の人の30%とだと1500円で、わぁ…もう上限、すぐソコ!
極端に、ものすごく金額が少ないんですよね…!!

「さ…30%でも給料と基本手当と両方もらえたら、まぁいいか…。(^^;)」

いいえ、注目すべきはこの先。

さて、ここで問題です!
基本手当日額の残り70%はどうなるのでしょうか?

1)消えてしまう 2)消えてしまう 3)消えてしまう 4)消えてしまう

そうなんです。Σ(゚□゚;;;;

全額支給されたことになり、消滅してしまいます…prz
今までは、給与を受け取る代わりに、
まるっと繰り越しされていたその日の分の基本手当が、
30%もらう代わりに、繰越されず消滅してなってしまうんですよ…!

個人的な意見ですが、コレは、金額面では大損ですよね…。(;_;)

では、就業手当をもらわないためには、どうするか?
もらえる条件を満たさなければいいので、できるだけ解りやすく紹介します。

・アルバイトの前日に支給残日数が、 給付日数の3分の1以上かつ45日以上ある。
・待機期間修了後にアルバイトをした
・もともと勤めていたところ以外で働いた
・給付制限がある場合、待機満了後1ヶ月以内にハローワークの紹介でアルバイトをした
・認定日にハローワークで申請する労働をした(4時間以上、週20時間以内)
・ハローワークで求職を申し込む前から決まっていないアルバイトをした。

は〜、普通にアルバイトしたらもらえてしまいます…。

ポイントは、時期と、バイトの内容です。
これは色々なケースがありますので、
就労手当受給の条件に当たるのかは、ハローワークで確認してくださいね。

この制度がスタートして、アルバイトをしながら
失業給付を満額もらうことに関して、ハードルが高くなってしまいましたが
それでも、上手に働けば、満額もらうことももちろん可能です。

cms agent template0035/0036 ver1.001